ニキビとビタミンC誘導体化粧品

ビタミンC誘導体はニキビに効果がありますが、一体どういった効果なのでしょうか。代表的なのが、「色素沈着を防ぐ」「黒ずみを薄くしてくれる」です。ニキビに対しては、「抗炎症作用」「皮脂分泌抑制作用」が挙げられます。

 

今は、ビタミンC誘導体が配合された化粧品も増えてきました。中でも人気があるのが。


【b.glen】ニキビケア

 

ビタミンCとビタミンC誘導体は似て非なるものです。ビタミンCは高い効果が期待出来ますが、安定性に欠けるうえ、肌に吸収されにくいんです。そこで、そういった部分を改善してできたのがビタミンC誘導体というわけです。

 

また、ビタミンC誘導体は水溶性と油溶性に分けられます!

 

どんな効果効能があるか簡単に説明すると、水溶性は、皮脂の分泌を抑え濃度によっては刺激があります。脂肌の人におすすめ!油溶性は、乾燥肌や敏感肌の方におすすめで、刺激はほとんどありません。

肌質に合わないものを使うと、ニキビ予防どころか、逆効果になってしまう可能性もあるので気をつけてくださいね。


最後に、ビタミンC誘導体が配合された代表的な化粧品をピックアップしてみました!何かのお役に立てていただければ幸いです。

 

ビーグレン【b.glen】
ビーグレン【b.glen】
 

独自の浸透テクノロジーで「ピュアビタミンC」を角質の奥に届けてくれます!

VCスターターセット
 

最新型ビタミンC誘導体「VC200」を贅沢に配合したスターターセット!

バランシングライン
バランシングライン
 

進化型ビタミンC誘導体「VCエチル」が配合された化粧水で肌を整えてくれます!

 

ビタミンC誘導体でニキビが悪化してしまう?

 

抗酸化作用や美肌効果、皮脂量を調整してくれる作用など、肌にとって良い効果効能がたくさんあるビタミンC誘導体ですが、モノによってはニキビが悪化してしまうことがあります。一番大きな原因としては、ビタミンC誘導体の濃度。

【高濃度 ⇒ 肌への刺激】というリスクがあります!


肌への刺激はニキビの原因の一つなので、敏感肌の方は濃度の低いもので、一回の使用料も調整して使ったほうがよさそうです。

また、冒頭でも挙げたビタミンC誘導体の効果の一つ「皮脂量の調整」ですが、こちらも行き過ぎてしまうと肌が乾燥しやすくなってしまいます。


こうしてみると、ビタミンC誘導体を使わないほうがいいような気になってしまいますが、濃度と量を自分に合うように調整して使った場合、効果は絶大です!
思春期ニキビのような、過剰に分泌された皮脂が原因のニキビにも高い効果を発揮してくれるので、使わないのはもったいなく感じます。

 

 

 

 

確かにリスクはありますが、それほど高いリスクというわけでもありませんし、自分なりの調整が出来てしまえばニキビに対する強力な武器になってくれます!

 

リンク集

お尻ニキビ

 


スポンサードリンク

>>大人ニキビ専用サプリ【絹美人】<<


 


© 2015 ビタミンC誘導体でニキビをケア rss